About Japan Expo

ジャパンエキスポとは

フランス・SEFA社が主催する日本文化イベント。漫画、アニメ、ゲームといったオタク文化から茶道や武道などの日本伝統文化、さらには食文化やファッションも取り扱っている一大総合イベントです。ヨーロッパ(フランス、ベルギー)各地とアメリカで開催されていますが、日本で「ジャパンエキスポ」として報道されるイベントはSEFA社開催イベントの中で一番規模の大きい「ジャパンエキスポ・フランス(パリ)」であることが多いようです。最近ではSEFA社が主催をしていなくても「ジャパンエキスポ」という名称で開催されるイベントが数多くあります。

いつやってるの?

「ジャパンエキスポ・フランス(パリ)」の開催期間は毎年7月第一週の木曜から日曜の4日間。2018年は7月5日(木)から8日(日)の4日間を予定しています。

どこでやってるの?

フランス・パリ郊外、RER・B線 Parc des Expositions/パルク・デ・ゼクスポジション(展示会会場)駅の前にあるParis Nord Villepinte/パリ・ノール・ヴィルパント(見本市会場)で開催されています。Paris Charles de Gaulle/パリ・シャルル・ド・ゴール(CDG)空港からは電車で約10分、パリ中心部からは電車で30分以上かかります。

何をやっているの?

日本の文化の展示・紹介がメインのイベントです。日本のメディアでは「パリのコミケ」「フランスのマンガ・アニメイベント」と紹介されることが多いようですが、オタクコンテンツ限定のイベントではありません。
企業の出展がメインとなっており、現地のマンガ出版社、ヨーロッパに支社を置く日本企業、日本の地方自治体などが多く出展しています。翻訳された漫画やアニメDVD、食べ物、雑貨やファッショングッズの展示・販売。新作アニメ・ゲーム、日本の観光地、サービス等の紹介。アイドルやアーティストのステージ・握手会。漫画家のサイン会。その他に同人誌や手作りアクセサリー等の販売も行われています。
お店(出展者)は固定、4日間開催ならば4日間ずっと同じお店が出ます。ステージ、握手会、サイン会のみ日替わりです。

どんな雰囲気?

「コミケ」というよりは「ゲームショー」「企業展示会」といった雰囲気です。「日本エキスポ」というより「アジアエキスポ」に近いかもしれません。2013年まではアメコミ・Sci-Fi(SF作品)を扱ったイベント「Comic Con/コミコン」も同じ日・同じ会場で併催されていました。2014年以降コミコンは別開催となっています。

どんな人が来るの?

年齢層は幅広く、カップル、ファミリーが基本。アニメ好きの仲良しグループや「ちょっと見に来ただけ」の人まで。コミケとは違い子供も多く、お一人様は少数派です。

日本語は通じる?

日本人スタッフや日本語の話せるスタッフ、日本語を勉強している参加者も多いため、会場内では比較的通じます。しかし会場外では観光地を除き、日本語はほとんど通じません。

安全面は大丈夫?

高い入場料のため、比較的「お金のある人」の多いイベントですが、海外なので用心に越したことはありません。スリや置き引きもあります。入場の際に手荷物検査が実施されます。荷物は少なくして行きましょう。
※2016年度から0.5リットル以上の水分、アルコール、水筒、大型の荷物など、持ち込み禁止物が設定されています。詳しくは公式サイト(英語かフランス語)をご覧ください。英語での持ち込み禁止物(Forbidden items)コスプレルールについての情報はこちら

Point

押さえておきたいポイント

最新情報を知るには、まずイベント公式サイトを見ましょう。最新情報はFacebookやTwitterのみに掲載し、サイトは更新せず放置しているというイベントも増えているため、最終更新日のチェックは必須です。
ジャパンエキスポはフランス語、英語、日本語の3つの言語のサイトがあります。しかし日本語サイトは情報量も少なく更新も非常に遅いです。フランス語か英語のどちらかを見ることをオススメします。