K-Pop & Bootleg

海外の日本イベントにおける韓流と海賊版

ジャパンエキスポが開催されるたびに日本で毎年話題になる韓流(韓国)ブース、そしてその影に隠れたコピー商品・ニセモノグッズ問題について。本編とは関係ないオマケです。事実とはかなり違ってるとは思いますが、そんな風に考えた人もいた!程度に読んでください。

ジャパンエキスポと韓国

「フランスでジャパンエキスポ開催!」というニュースと同時に毎年ネットで話題になる単語があります。それは「韓国」。「エキスポに行ったことはないけど、この話題は知っている」という方も多いのではないでしょうか。
ジャパンエキスポ会場に飾られる韓国の国旗。BGMにはK-Popミュージック。お店に高々と飾られるEXO、BIGBAN、東方神起といったK-Popスターのポスターやシール。ハングル文字がプリントされたカバン。出版ブースでは韓国人漫画家のサイン会。「ジャパンエキスポ」という名前でありながら、何故か毎年「韓国」に関連するブース(お店)…いわゆる「韓国ブース」が出展されるというのです。
「ジャパンエキスポなのに韓国ブースが日本の国旗を掲げて韓流グッズを売ってる!なりすましだ!寄生だ!」という意見とともに毎年ネットを騒がせるこの話題。日本人であればちょっと首を傾げたくなるのもよくわかります。しかしネットニュースには韓流グッズの並ぶ店舗の写真が掲載されるだけで、それ以上のこと、それ以外のことはほとんど報道されません。

韓国ブースはいつからあったのか?

いつからあったのか正確な情報はありませんが、エキスポ初期から韓国ブースが出展していたということは間違いないでしょう。実はジャパンエキスポに韓国人が出展する(お店を出す)こと、韓国の物を売ることに何ら問題はありません。エキスポはお金さえ払えば基本誰でも出展できるのです。
日本で「韓国ブース」が問題視されるようになったのは2006年、公式ゲストとして呼ばれた日本人漫画家8人を上回る11人の韓国人漫画家がサイン会を始めた頃からのようです。この時は「出版社が独自に呼んだ」ということで一件落着。日本も韓流ブームだったということもあってか、ネットでもごく一部でしか話題になりませんでした。
2010年には韓国政府の韓流宣伝ブースが出展。2011年には「日本の剣道は韓国がルーツ」とする韓国剣道・コムドのデモンストレーションが行われることとなり、大きな話題となりました(コムドのデモンストレーションは中止に)。このころからネットニュースや、それらを転載する「まとめサイト」で「仏ジャパンエキスポに韓国ブースが出展!」といったニュースが増え始めます。
しかし2013年に韓国人漫画家・キム・ビョンジン氏が公式ゲストとしてサイン会を行ったことや、韓国人タレントがステージにてパフォーマンスを行ったことなどは日本ではまったく話題になっていません。(日本でも活動していた実績はあるようですが。)

フランス人はどう思っている?

ジャパンエキスポの主な参加者であるフランス人はどう思っているのでしょう。「ジャパンって言ってるけど中身はアジアエキスポだから」、「J-PopもK-Popも好きだから一度に両方見れて便利」という意見も少なくはありません。「会場にいる人の多くは気にしていない」と思っていいでしょう。「日本語で歌を出して日本でも人気あるならばJ-Popアイドルでは?」という日本人も多くいます。フランスでも韓流ドラマファン、韓流ドラマのコスプレイヤーは着実に増え続けています。しかし毎年ジャパンエキスポにて韓流を宣伝し続けた結果、「東方神起はジャニーズだと思ってた」、「ソウルは日本のどこかの都道府県かと思っていた」と勘違いする人々も出ているようです。

韓国の影に隠れた偽物

韓国ブースの他に日本人であればもう一つ目を引くものがあります。それは堂々と販売される著作権無視のコピー商品の数々。非正規のアニメグッズやフィギュア。pixivやtwitterから勝手に借用したと思われる日本人の描いたイラストがプリントされたクッションカバー、iphoneカバー、時計にTシャツ。日本の大手同人サークルの同人の表紙をそのままプリントしたタペストリー。トトロならぬ「トドロ」のぬいぐるみ。それらを詰め合わせた福袋まで。こういった版権無視のコピー商品を専門に取り扱う店がいくつも並ぶのです。その出展数は韓国ブースの比ではありません。最近では「日本風」な中国の化粧品メーカーまで出店しており、ジャパンエキスポの一角に「アジアニセモノ市場」を形成しています。
フランスのネットで話題になるのは「韓国ブース」ではなく、この「コピー商品店摘発」のニュースです。しかし、摘発されるのはごく一部のお店の一部の商品のみ。翌日また何もなかったかのように大量のコピー商品がジャパンエキスポに並びます。

フランスはまだマシという現実

テレビでも取り上げられるようになった「韓国ブース問題」ですが、韓国人歌手・PSYの歌う「江南(カンナム)スタイル」の大ヒットを境に店舗は減少傾向にあります。かつては会場は行ってすぐの目抜き通りに韓国国旗、K-Popアイドルのグッズやハングル文字の雑貨、韓国の漫画を扱うお店がいくつも並んでいましたが、近年はCDと男性K-Popアイドルグッズのお店が2~3店あるのみです。
2012年に私が出展したジャパンエキスポ・ベルギーの日本人出展者は一桁。その他のお店は韓流ショップとニセモノショップ。加えてタイ料理のお店。おりしも江南スタイル大流行の年であり、会場内では1日中BGMに江南スタイルが鳴り響き、江南ダンスを踊る欧州の若者で盛り上がっていたのですが。
日本とヨーロッパの距離、日本企業の関心度、それとは逆に年々拡大する会場の広さや、値上がる出展費を考えると、日本の物や日本文化だけを揃えた「ジャパンエキスポ」を開催するのは難しいのかもしれません。

長い!三行で!

今後も
韓国ブースが
出るよ