Stage & Food booth

ステージとフードブース

ジャパンエキスポの目玉はなんといっても多彩なゲスト。コンサートやライブ等、ステージの規模は日本より小さいため、有名タレントや漫画家を間近で見ることができます。そして日本の味が楽しめると毎回大人気のフードブース(屋台)。しかし「日本の味」を求めてはいけません。話のネタにどうぞ。

ステージ(ライブ)を見るには?

ステージは基本的にジャパンエキスポの入場券があれば誰でも見られます。座席は先着順です。

ゲストとして出演するには?

公式サイトにて「出演者募集」ページが公開されます。オンラインもしくは郵送での申し込みとなります。選考はあるようですが、早めに申し込んだ人が優先されます。一部出演者(ゲスト)を除き、旅費、ホテル代、出演料などの支給はありません。すべて自腹となります。
また、日本の企業主催で「ジャパンエキスポ出演オーディション」が開催されることもあります。

サイン会・握手会に参加するには?

先着順と抽選の2種類あります。先着順の場合はサイン会開始1~2時間前に指定の列に並ぶだけ。ジャパンエキスポ公式ゲストは抽選です。入場券を見せて抽選に参加、当選すると引換券がもらえます。譲渡・偽造防止に引換券には当選者の顔写真がプリントされます。出展者チケットで入場した人は抽選会に参加できません。出展者でサインが欲しい人は別途一般入場券を買いましょう。
朝イチでサイン会抽選にダッシュする人が多数いますが、なかなか当たらないようです。
出版社が招待したという形式のゲストの場合、「新刊お買い上げの方」「○ユーロお買い上げの方」といった条件付きでサインしてくれる場合もあります。
エキスポ公式サイトで事前販売されている枚数限定の高額特別券(VIPチケット)の特典にサイン会・握手会が付いていることもあります。

会場内で飲食はできる?

自分で買ってきたものを持ち込んで食べるか、会場内の屋台や併設レストランで食べることができます。会場内に設置されているイスのほとんどは屋台や併設レストラン専用の物のため、持ち込んだ場合は階段や中庭で食べる人が多いようです。
※2016年度から0.5リットル以上の水分、アルコール、水筒(サーモマグ)等、持ち込み禁止物が設定されています。飲み物を持ち込む際はご注意ください。

屋台は何がある?

寿司、うどん、おにぎり、カップ麺、たこ焼き、お好み焼き、丼ぶりといった食べ物から、フローズンドリンク、ドーナツ、クレープ、ドライフルーツやハリボ(グミキャンディー)といったおやつまで。お昼時には長蛇の列。そしてイベント価格。(参考価格:寿司2400円、タコヤキ1300円、カップヌードル770円、水500mlペットボトル380円ほど)。「日本の味」というより「お祭り屋台の味」です。安くてハズレないのはクレープだと思います。

併設レストランは何がある?

フランスの外食チェーン店や日本にも支店のあるパン屋・PAULなどがあります。(参考価格:パン2個にホットの紅茶1杯で1500円)。こちらはあまり混みません。

実は会場内だけじゃない?

入場料の不要な会場外のエントランスエリアでコスプレ合わせ、カラオケ、ダンス大会などが行われていることがあります。突発的に始まることがあるため、何時に何があるかはわかりません。入場料を払いたくない(払えない)若者が参加しています。

FREE HUGSって看板持ってる人がいたんだけど…

ヨーロッパのイベントでは「FREE HUGS/フリーハグ」という看板(手書きの紙)を持った若者をよく見ます。見知らぬ人とハグ (抱擁) する活動です。ネットで調べると「苦しみや悲しみを少しでも和らげ…」といった崇高な目的が出てきますが、ここでそんな目的意識を持った人はごく少数ではないでしょうか。「楽しいからやる」「数を競う」に近い状態です。
「FREE KISS/フリーキス」なんていうのもあります。

Point

押さえておきたいポイント

2016年度から0.5リットル以上の水分、ビン、水筒(サーモマグ)、大型の荷物、傘、自撮り棒など、持ち込み禁止物が設定されています。詳しくは下記リンクをご覧ください。