Go to Japan Expo

ジャパンエキスポへ行ってみよう

開催日時が日本の夏休み前+夏コミ前、しかも日本から遠い…と、ハードルは高いにもかかわらず、日本人出展者・参加者共に多いのがジャパンエキスポ。日本のニュースや雑誌で特集されることも多く、注目度の高いイベントです。7月の欧州は夜9時ごろまで空が明るく、湿度は低め。観光と合わせて楽しむことができます。

まずどうすれば…?

イベント開催日時と場所を調べましょう。日本から海外イベントへ遊びに行く(一般参加)の場合、基本的に「海外に観光に行く」と同様に考えれば問題ありません。どの飛行機に乗ればいいの?どのホテルがいいの?等は観光サイトに任せます。

何日滞在すればいいの?

滞在時間は人それぞれですが、弾丸旅行は避けましょう。日本からフランスに行くまで直行便でも片道約12時間、時差も考えると、最低でも3泊4日は必要。イベントにあてる時間は半日以上欲しい所です。会場に辿り着くまでの交通機関が時間通りに動くとは限りません。入場まで何時間もかかる場合もあります。余裕をもった計画がオススメです。

イベントにはいつ行けばいいの?

ジャパンエキスポは4日間(たまに5日間)開催ですが、お店と販売物はほぼ固定。ゲスト、サイン会、ショーのみ日替わりです。気になる出し物のある日に行きましょう。会場は丸1日いれば十分見て回れます。2時間程度だと物足りなく、逆に4日間いると飽きます。ヨーロッパのイベントは土曜が一番混雑し、真ん中の金曜日が一番空きます。コスプレイヤーをたくさん見たいのならば「コスプレコンテスト」のある日がオススメです。(コスプレコンテストは通常土曜に開催されます)。

旅費はいくらかかる?

現地、もしくは近隣諸国在住であれば「京都在住の人が東京のビッグサイトに行く」並みの気軽さで済みますが、日本からヨーロッパへ行くとなると、そう安くはすみません。かかる費用は人それぞれですが、「マイルを使って無料航空券を取る」「現地の友人・親戚の家に泊まる」といった手段を使わない場合、日本~パリ間往復航空券代+宿泊費+食費+現地電車賃で1人10万円以上は確実にかかります。
ちなみに筆者は毎回個人旅行(ツアーを使わない)形式で行っていますが、7月期の航空券(東京-パリ直行・往復)+ホテル宿泊費(中級クラスに5泊)+現地での交通費、食事代、観光代などで22万から25万円ほどかけています。

日本からツアーはある?

旅行代理店がジャパンエキスポのための専用ツアーを組んでいることがあります。そういったツアーは通常の観光ツアーより割高に設定されており1人20万~40万円ほどしますが、ホテル~会場間の送迎や交流会、出展者用サポートなどがセットされていたりします。
もちろん一般的なパリ観光ツアーでも大丈夫。12万円くらいからあります。ホテルが会場から遠くないか、自由行動の日がイベント開催日と重なるかどうかを確認の上、選びましょう。

どんな服装で行けばいい?

基本は半袖+ストールやパーカーなど上にはおるもの。2013年は雨で寒く、2015年は猛暑で会場内は40度近くになりました。コスプレイヤーが多いため派手な衣装や浴衣・着物などでも浮くことはありませんが、更衣室はありません。トイレで着替えるか、着たまま会場へ移動となります。会場最寄り駅から会場までは移動距離が短いため、雨でも折りたたみ傘があれば十分です。

ホテルはどこを予約しておいたらいい?

7月はヨーロッパの夏休みということもあり、5月末頃にはめぼしいホテルは予約で埋まってしまいます。会場前のホテルはエキスポ開催期間中は高額な料金に設定されていますが、大変人気が高く、4月でも予約は取れません。
穴場はRoissy/ロワシーと呼ばれるCDG空港周辺エリア。出展者であればこのエリアでの宿泊がオススメです。ホテルによっては空港最寄り駅まで無料送迎バスも出ています。しかしこのエリアはパリ中心部には遠く、場所によってはスーパーはもちろん、食事する店すらありません。「パリ観光メインでエキスポはオマケ!」とお考えの方はパリに宿を取りましょう。
泊まらない方が良いと思われるエリアはパリ北駅から先のLa Courneuve - Aubervilliers駅から会場手前のGare de VillepinteまでのRER沿線。安いホテルが多く、会場へのアクセスも便利に思えますが、何もなく寂しいか物騒なエリアです(Googleストリートビューを見ていただければわかります)。日本人のみ、女性のみでの宿泊はオススメしません。
セーヌ川をはさんでパリ7区から先、13~15区、エッフェル塔周辺エリアは人気ホテルも多くフランスらしさは満点ですが、会場へは若干遠くなります。

前売り入場券を買っておいたほうがいい?

行く日が確定しているのであれば購入しておきましょう。握手会参加や先行入場できる特典の付いた枚数限定の高額特別券、1日券と全日券(通し券)があり、1日券の場合は曜日によって金額が違います。(平日は安く土曜は高い)。高額特別券は公式サイトのみでの販売ですので、欲しい人は早めに買いましょう。

前売り入場券を買っておいたほうがいい?

公式サイトもしくはfnacサイト(日本で言うチケットぴあ)、フランスにあるfnac店舗で購入できます。「1,お店で受け取る」「2,自宅でプリントする(0.50ユーロ余計にかかります)」「3,送ってもらう(送料別)」の3つから選択可能です。前売り券は会場で入場券(紙のリストバンド)と交換されます。

Point

押さえておきたいポイント

2016年度から0.5リットル以上の水分、アルコール、水筒、大型の荷物など、持ち込み禁止物が設定されています。詳しくは公式サイト(英語かフランス語)をご覧ください。前売り入場券の購入も公式サイトから可能です。